FX

XMの確定申告方法まとめ。e-Taxや書面で提出するには?

「XMで利益が出たので、e-Taxを使用して確定申告方法がしたい」

この様な方のために、こちらの記事では、XMのe-Taxでの詳しい確定申告方法についてご紹介します。

XMTrading(XM)だけに限らず、FXで獲得した利益には税金が掛かってくるので、確定申告をすることが欠かせません。

海外FXと国内FXでは税区分がそれぞれ違って、課税方法も違うので気をつける必要があります。

今回に関しては海外FXで得た利益を確定申告したい方に向け、確定申告の方法を解説します。

一体全体確定申告とは?

確定申告は、みなさんは一度は聞いたことがあると思います。

XMで利益が出た場合、確定申告をしましょう。

所得と言うのは、1月1日から12月31日までの1年間で獲得した全ての収入から必要経費を差し引いたもので、所得額によって、所得税、住民税、健康保険料であったり、納税額が確定されるのです。

所得にかかる税金を算出した上で、税務署にその内訳を説明する書類を提出して、所得税を納めます。

XMは勿論の事、海外FXで利益を得た方に関しては、個人事業主も給与所得者も確定申告が必要不可欠です。

個人事業主

個人事業主は、売上や経費等々の収支や控除額などを確定させるために、あなた自身で所得税額の計算や申告をすることが求められます。

個人事業主の所得に関しては、収入から経費を引いた金額です。

給与所得者

サラリーマンまたは公務員は給与所得者に該当し、勤務先で年末調整の手続きをしてもらうことができます。

源泉徴収という形式で給料から天引きされて税金を支払っていて、あなた自身で確定申告する必要がありません。

国内FXと海外FXでは適用される税制度が異なってくる

海外FXの利用者の方は、国内FXと海外FXの税制度の違いを理解しましょう!

FXの利益に対する課税方法は、国内FXと海外FXで異なるのでお気を付け下さい。

国内FXと海外FXで適用される税制度の異なる所

国内FXの利益については、申告分離課税が適用され、海外FXの利益には総合課税が適用されます。

国内FXの場合

  • 申告分離課税の雑所得
  • 税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)

海外FXの場合

  • 総合課税の雑所得(累進課税)である
  • 税率は所得に応じて15%から55%(所得税5%〜45%と住民税10%)と復興特別所得税

※復興特別所得税=所得税額×2.1%です。

国内FXと海外FXはいずれも雑所得ですが、掛かってくる税率が大きく変化してくるのです。

国内FXと海外FXを両方トレードしている場合は、両方の損益合算はできない。

私は仮想通貨・バイナリーオプション・アフィリエイトいづれもしていますので、計算に便利です。

しかしながら、XMだけに限らずいくつかの海外FX口座での利益があるケースや、仮想通貨・バイナリーオプション・アフィリエイトなど、同一の税区分同士なら損益を通算することができます。

FXの利益が課税されるタイミングはいつ?

こちらも重要な項目です。

FXの利益が課税されるタイミングは、国内FXと海外FXで変わりなく、ポジションを決済して利益が確定した時になりますので、ポジションを保有しているときに生じる含み益損は、課税の対象外になります。

また、XMのボーナスは実際的には出金できないので、課税の対象にはなりません。

海外FXの累進課税について

海外FXは、累進課税という制度を取っています。

海外FXでの利益分には累進課税が適用され、XMでの利益が増えれば増えるほど税率はアップし、控除される金額も上がる仕組みとなっています。

所得金額に対する所得税率と控除額

所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円から330万円 10% 97,500円
330万円から695万円 20% 427,500円
695万円から900万円 23% 636,000円
900万円から1800万円 33% 1,536,000円
1800万円から4000万円 40% 2,796,000円
4000万円以上 45% 4,796,000円

※所得税と、住民税10%と復興特別所得税(所得税×2.1%)が各々かかります。

海外FXで500万円の所得を獲得した場合を例に解説します。

例:海外FXで500万円の所得を獲得した場合

所得額×税率-控除額で所得税額が決定します。

500万×20%-427,500(控除額)で572,500円が所得税として徴収されます。

控除額欄の金額は控除ではなくて、累進課税の計算をシンプルにするための数字です。

195万以下は5%、195万円から330万円は10%、330万円から500万円は20%という風に分けて所得税が徴収されます。

(195万×5%)+(135万×10%)+(170万×20%)で572,500円が所得税として徴収されます。

こういった風に分けて課税する場合と、まとめて課税した後に控除する際の所得税額に関しましては、結果的に同じになり、海外FXは総合課税の雑所得に区分されています。

これとは別に、仮想通貨、バイナリーオプション、アフィリエイトからの所得も総合課税の「雑所得」に含まれます。

下記のどれにも属さない場合、雑所得となります。

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 不動産所得、利子所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 配当所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 譲渡所得(株式・建物・土地を除くもの)
  • 退職所得
  • 一時所得
  • 山林所得

XMユーザーで確定申告が必要な人

私はXMユーザーなので確定申告が必要です。

海外FXでの取引で得た利益は、あなた自身で確定申告をして税金を納める義務が存在しますが、XM口座を保有するすべての方が確定申告をする必要があることを意味しているのではありません。

それでは、海外FXでトレードする人で確定申告をする必要があるのはどの様な人なのでしょうか?

一番初めに、所得者は給与所得者と非給与所得者の2つに分かれます。所得の合計額により納税の必要があるかが決まって、その条件金額に関しましては給与所得者と非給与所得者で異なります。

海外FXでの利益に対して、税金を納めることが求められるのは、次に挙げる条件に該当する方になります。

海外FX取引において税金を納める必要のある人

私はEAを使い、昨年数十万円の利益をXMで出しましたので、今年税金を納めます。

  • 給料以外の所得が、年間で20万円以上ある給与所得者
  • 年間全ての所得合計が38万円以上ある非給与所得者

わかりやすく言うと、XMを含む海外FXで一定額以上を稼ぐ人だけ確定申告をして、所得税を納めることが求められるのです。

また、確定申告の期間に関しては、2月16日~3月15日ですので、早めにあなた自身の所得を把握しておいた方が良いでしょう。

年間取引報告書から1年間の利益を調べる

下記のサービスは重宝します。

XMの年間取引報告書は、MT4/MT5からダウンロードできますので、ダウンロードの手順をチェックしていきましょう。

STEP1:MT4/5のターミナルウィンドウから口座履歴をクリックする

MT4/5を開き、下の「ターミナルウィンドウ」から「口座履歴」をクリックしてください。

※MT5は「ツールボックス」という表示です。

STEP2:メニューを開き、期間のカスタム設定をクリックする

「ターミナルウィンドウ」のどこかで右クリックをするとメニューが出てきます。

MT4の場合は「期間のカスタム設定」を、MT5の場合は「期間指定」をクリックしてください。

STEP3: 期間を前年の1月1日から12月31日に設定する

期間のカスタム画面には「開始」と「終了」があるので、その個所に期間を入力してください。期間は1月1日~12月31日にしましょう。

STEP4: 右クリックでレポートを保存する

STEP5: 年間取引報告書が発行される

レポートの保存をするとファイルが作成され、こ年間取引報告書が表示されます。年間取引報告書は確定申告書に添付できる書類で、印刷したり、パソコンに保存して保管しておいてください。

MT5の場合は総損益と書かれており、MT4と違うことに注意してください。

外貨建ての口座を使っているのでしたら、取引毎の損益をその日の為替レートで計算しないとなりません。

1年間毎日損益を計算しなければなりませんので、いつもから計算をしてないと確定申告であわてることになりますので、税理士に依頼せずあなた自身で確定申告をする場合、円口座を使う方がおすすめです。

XMの利益を確定申告する前に知っておくべきこと

XMで得た利益を確定申告をする前にチェックしておくべきポイントがありますのでチェックしていきましょう。

XMで複数口座を持っている場合はまとめて確定申告

XMで複数口座を保有している場合は、全ての口座が課税対象になるのでまとめて確定申告を行い、全ての口座の年間収益の計算が必要で、申告漏れがあったら追徴課税が課される場合があるのでお気をつけください。

EAのプログラムに合わせて口座を分けている場合は、早めに準備をした方が良いでしょう。

XMを含む海外FXと国内FXは別にして課税

XMなどの海外FXと国内FXの双方の利益があったケースであっても、それぞれの税区分が異なって来るのでまとめて課税することは出来ません。

双方とも雑所得と区分されますが、国内FXには申告分離課税、海外FXには総合課税が適用されます。

例1

・海外FX:90万円の利益
・国内FX:120万円の損失

適用される税制度が異なってくるため合計に関しましてはマイナスですが、海外FXの利益分に納税義務が発生します。

FX以外にも雑所得があって、同じカテゴリーに属する所得であるケースでは、損益を合算することが可能です。

例えば、アフィリエイトや仮想通貨などが、海外FXと同じ総合課税の雑所得に該当します。

例2

・海外FX:60万円の利益
・バイナリーオプション:10万円の損失

合算できるので、総合課税の年間利益は50万円。

XMのボーナスは所得に含まれない

受け取るボーナスは証拠金として使用することができますが、出金が出来ないので、所得には含まれません。

確定申告の申請には、白色と青色の2種類がある

ちなみに私は青色申告をしています。

確定申告には、簡易式の白色申告と特別控除を受け取ることができる青色申告の2種類がありますので、その2つの確定申告の種類について解説していきます。

青色申告とは何?

青色申告の方が断然お得です!

青色申告ができるのは、事業所得、不動産所得、山林所得のいずれかの所得があって、事前に提出する青色申告承認申請書が承認された個人事業主になります。

青色申告の最大の良いところは、10万円と65万円の特別控除を受けられることで、白色申告よりも繁雑で記帳の難しさがデメリットですが、節税効果は高いのが特徴です。

FXを事業として行っている個人事業主でしたら、申告することができます。

白色申告とは何?

白色申告は、青色申告の申請をしていない事業者が行なう確定申告で、簡単な帳簿付けで確定申告ができます。事前申請の必要はありませんが、特別控除を受けることができません。

青色申告申請書の提出は初回のみで、2回目以降は提出の必要ございません。

XM (エックスエム) の確定申告に必要な書類

色々書類が必要なので、前もって準備しましょう。

源泉徴収票 (給与所得者の場合)

源泉徴収票というのは、 会社の当年の給与や賞与の結果が個人別にまとめ上げられたものです。

給与所得者の確定申告に関しては、源泉徴収票に書かれている金額または人数を該当する項目に記載することが必要です。

  • 支払金額
  • 源泉徴収税額
  • 配偶者特別控除の額
  • 控除対象扶養親族の数

源泉徴収票は、 12月の終わり頃に勤務先から受領できるので、確定申告時まで保管しておくことが求められます。

各種控除証明書

確定申告を行うためには、 各種控除証明書も必要になりますが、控除とはある金額から一定の金額を差し引くことを示します。

税額控除というのは、課税される所得税額が安くなることを意味します。

例えば、生命保険料、ふるさと納税等々の、 各種控除証明書を提出することで控除を受けるができるような仕組みになっています。

控除を受けるためには、各種控除証明書を大切に保管しておくことが求められます。

経費の領収書

確定申告の際に、経費の領収書が必要です。経費の領収書の提出は義務ではないですが、 経費の領収書がなければFXのための費用だと証明が不可能ので、経費の領収書が必要です。

年間取引報告書

年間取引報告書の提出も義務ではないのですが、確定申告の際に年間取引報告書は準備しておくと良いでしょう。それは、年間取引報告書を添付することで、 海外FXの損益を証明する書類として活用することができるからです。

XM (エックスエム) の確定申告の手順

手順は下記の通りにやりましたら、ばっちりです!

国税庁のホームページで申告書の作成を行う

確定申告の申告書に関しては、 国税庁のホームページから作成でき、国税庁のホームページで作成を行う場合、次に挙げるいずれかの提出方法を選択して作りましょう。

  • e-Taxで提出する
  • 印刷して書面で提出する

印刷して書面提出するケースでは、ホームページの指示に従って必要事項を入力し、印刷して提出することで確定申告を行えますが、e-Taxで提出の場合、国税庁のホームページから申告書を作成するのに事前準備が必要不可欠です。

e-Taxでは次に挙げるいずれかの方式を選択して申告書を作成しましょう。

1、マイナンバーカード方式

2、ID・パスワード方式

どちらも始める前に、 マイナンバーカードの作成あるいは、 税務署等でIDとパスワードを発行する必要があります。

雑所得の申告書を作成する

雑所得の申告書を作成するには、雑所得のその他「入力」をクリックして、上記以外 (報酬等) の「入力」をクリックしてください。

それから、必要事項を入力することで申告書の作成が完了します。

雑所得以外にも、下記の様な必要な入力項目があります。

  • 氏名・職業等
  • 住所等
  • マイナンバー
  • 給与所得
  • 各控除

これらの必要事項の入力も必要で、XM以外の収入や各種控除がある場合、入力して申請を行なわないとキチンとした納税額を計算できないのでご注意下さい。

生年月日

確定申告の申告者の生年月日を入力する必要があり、青色申告を行う場合、生年月日の入力ページにある申告の種類に「チェック」を付けてください。

給与所得 (サラリーマンの場合)

サラリーマンの場合、給与所得を入力する必要がありますので、勤務先から受取っている源泉徴収票に基づいて該当箇所の入力をしてください。

源泉徴収票の内容

1.支払金額

2.源泉徴収税額

であったり確定申告に必要な情報が記載されています。

XMで得た利益

XMで得た利益に関しては、雑所得の項目に入力しましょう、雑所得のその他「入力」をクリックして、上記以外 (報酬等) の「入力」をクリックします。

次に必要事項を入力することで申告書の作成が完了します。入力が必要な項目は次に挙げる通りになります。

1.種目 : 証拠金取引

2.名称 : Tradexfin Limited

3.場所 : F20,1st Floor,Eden Plaza,Eden Island,Seychelles

4.収入金額 : 年間損益の金額

5.必要経費 : FXに関係した経費

名称と場所は英語で入力してください。名称に関しては、 XMではなく運営元を記載してください。

所得控除ページ

各種控除の入力がある場合、それぞれのページから該当する項目の控除額を入力してください。控除の項目はたくさんあるため入力する場所を間違えないようにお気を付けください。

納税額の計算結果を確認する

全ての項目の入力が完了すると、納税金額をチェックできます。

納税金額に関しては、雑所得等々の入力された金額をもとに 自動で算出されます。

そして、入力した金額を確認してから、納付金額をチェックしましょう。

個人情報を入力する

氏名、住所等

1.氏名 (漢字) (カナ)

2.性別

3.電話番号

4.職業

5.屋号

6.世帯主の氏名、世帯主との続柄

7.納税地

8.住所

等々の項目に個人情報の入力をしてください。

マイナンバー

マイナンバーの入力が必要です。

帳票を印刷する

全ての項目を入力し「帳票表示・印刷」をクリックすると印刷ページに移ります。確定申告書がダウンロードされるので、入力内容を確認し間違いがなければ印刷をしてください。

必要書類を貼り付け税務署に提出する

税務署に提出する必要書類に関しては、次に挙げるものになります。

  • 源泉徴収票の原本
  • マイナンバーカードの表裏両面の写し
  • 本人確認書類

マイナンバーカードがないケースでは、 番号確認書類と身元確認書類の提出が必要になり、会社に副業を行っていることを隠しておきたい場合は、住民税を「自分で納付する」に変更しましょう。

会社が行なう特別徴収で住民税を納付してしまうと、会社に副業を行っていることがバレる場合があります。

「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」といった欄があるので、「自分で納付する」を選ぶことで普通徴収に出来て、普通徴収にすることで会社に副業を気付かれることなく済みます。

納付方法

税務署または金融機関

税務署あるいは金融機関の窓口で、納付書を使用することで納付できます。

納付ができる金融機関は、日本銀行歳入代理店の次にあげる機関で納付できます。

銀行、信用金庫、郵便局

納付書に関しては 金融機関と税務署の窓口で手に入れられ、基本的な部分が既に印刷されているので以下を入力し、窓口で納付書を使い現金で納付を行ってください。

クレジットカード

クレジットカードを使用しての納付も行え、クレジットカードでの納付は、国税庁長官が指定した納付受託者へ、納付の立替払いを委託して納付する方法になります。

納付方法に関しては、 「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスし必要事項を入力して納付しますが、決済手数料がかかるのでお気を付けください。

決済手数料は、 1万円の支払い毎に76円が必要になります。

コンビニエンスストア

2020年1月から、コンビニエンスストアでも納付ができるようになりましたが、コンビニエンスストアで納付する場合、 納付に必要な情報をQRコードとして作成することが求められます。

まず、国税庁のホームページの「コンビニ納付 (QRコード) 」へアクセスして、氏名等々の納付情報と本税などの納付内容を入力して「次へ」をクリックしましょう。

それから、内容を確認して「QRコード作成」をクリックすることでQRコードの作成ができるような仕組みになっています。

そして、作成したQRコードをコンビニエンスストアの端末で読み取って、端末から発行されたバーコードを使用し納付可能です。

XM (エックスエム) の口座を複数持っているときの確定申告の仕方

私もXMで複数口座を持っているので、こちらの確定申告のやり方で確定申告をします。

XMで複数口座を開設している場合、 全ての口座を一まとめにして確定申告することが求められ、1つ1つの口座の利益分がわずかな額でも、全ての口座の利益分をトータルした金額が確定申告の基準を超えた場合、確定申告が必要になるのでお気を付けください。

複数口座の確定申告を行うケースでは、 全ての口座が課税の対象になります。なので、口座ごとに年間の確定損益を計算して確定申告することが求められます。

まとめ

以上、XMのe-Taxでの詳しい確定申告方法でした。XMユーザーで確定申告に仕方がわからない方は、ご参考にしてください。