FX

FXは24時間取引可能?時間帯別の特徴とおすすめの取引時間

FXの取引時間を知りたい方、時間帯別の特徴や取引すべきおすすめの取引時間を知りたい方のために、FXは24時間取引可能であるかどうかと、時間帯別の特徴、おすすめの取引時間について解説します。

FXの取引時間に関する基礎知識

FXの取引ができる時間帯

FXの取引ができる時間帯は、会社によって違うので注意しましょう。

FXの取引は為替市場が開いている平日24時間取引ができるような仕組みになっていますが、世界の主要都市で為替市場が開いていることにより取引ができることになっています。

例:日本が祝日でも海外市場が開いているケースでは取引することができます。

サマータイムの適用期間によって差異はあるのですが、実際のところは日本時間の月曜日6:00頃から土曜日6:00頃まで取引ができます。日本以外の海外の取引時間を合わせているのでこういった取引時間となっていて、ニュージーランドのウェリントンの早朝取引からシドニー、東京という順番に市場が開き、欧州、ロンドン、ニューヨークを経過して一日の取引がクローズします。

外国為替取引はメインとして銀行などの金融機関がインターバンク市場というようなネットワークを経由して売買をする当事者同士が向きあい行うため、特定の取引所が存在せず取引時間に縛られることがございません。FX会社はこちらのインターバンク市場(=銀行間市場)の価格をベースとして顧客にプライスを提示しています。このため、会社によって取引時間が異なってくるケースがあります。

FXの取引ができない時間帯

FX取引ができない時間に関しましては、メインとして土日や海外の大きな祝日で、為替市場に関しては平日24時間だけに限らず中東の一部の国で土日に取引が行われることがあります。しかし、取引高がかなり少なく流動性が低いこともあってマーケットの参加者がほとんどいません。

この理由によりFX取引は実際的には土日にすることができなくて、FX会社の価格の配信もありません。これ以外に国内外の銀行が休業となる元日(1月1日)はFX取引もお休みとなる他、クリスマス、大晦日は短縮取引となるケースがあるので使っているFX会社の取引ルールをチェックしましょう。

為替市場の値動きが活発になり易い時間帯

FXは24時間取引ができるような仕組みになっていますが、相場に関してはいつでも活発に動いていることではなく、1日の中に於きまして何回か値動きが活発になりやすい時間帯がございます。短期取引のケースでは、値動きが小さい時間帯に効率的に利益を出すことはハードルが高いため、時間帯毎の値動きの特徴に関しまして理解しておくことが重要になります。こちらでは、値動きが活発化され易い時間帯について解説します。

東京市場(日本時間8時から)

東京市場に関しては、一般的には日本時間の8時から17時までを指し示す可能性が高く、メインとして日本・中国・オーストラリア・シンガポール等のような市場参加者が取引を行う時間帯です。

午前9時55分には基準レート(TTM)を決定する仲値が発表され、実需筋を主体として取引が発生して値動きが活気づくことがあります。仲値が決まり10時を経過すると、値動きが落ち着くことが多いです。

また、ゴト日と言われている5と10がつく日(5日、10日、15日など)に関しては、企業の決済日がたくさんあり、取引先に支払うドルが大量に必要になるため、ドル高・円安になり易いと言われているようです。このトレンドを使って、東京市場で仲値にスポットライトをあてながら取引するトレーダーもいるそうです。

ロンドン市場(日本時間16時から)

ロンドン市場に関しては、日本時間の16時から26時(冬時間に関しては17時~27時)頃を指し、ヨーロッパ勢が中心となって取引をしていきます。ユーロであったりポンド等々の通貨が積極的に取引され、値動きが活気づくトレンドがあります。

また、19時頃になるとヨーロッパ勢は昼休みに入るので、値動きは一時的に落ち着つくことがよくあります。

21時以降(冬時間に関しては22時以降)はニューヨーク市場とダブっていて、1日の中でとりわけ取引が活気付く時間帯です。日中はチャートが見られないというような人は、この時間帯での取引をしても良いでしょう。

ニューヨーク市場(日本時間21時から)

ニューヨーク市場に関しては、日本時間の21時から早朝6時(冬時間に関しては22時~早朝7時)を意味し、アメリカ勢が中心となって取引をしていきます。米ドル/円だけじゃなく、ユーロ/米ドル等々のドルストレートと言われている通貨ペアが積極的に取引されることになります。

24時はニューヨークオプションカットと言われている通貨オプションの権利行使の期限時刻でありまして、こちらに合わせて投資家が取引を促進するケースがあります。

また、翌1時になるとロンドン市場の仲値が決定されるため、東京市場と同じく実需筋の取引によって値動きが活気付くことが多いです。

ニューヨーク市場では高いペースで米国の重要な経済指標が発表されます。とりわけ毎月第一金曜日(原則)に発表される米雇用統計に関しては、これから先の相場の流れを決定するキーポイントとなる経済指標の一つとして重要視されます。

まとめ 時間帯に応じて慎重な取引を行いましょう

FX市場は世界中で開かれており、平日であるのなら24時間(月曜の朝から土曜日の朝)取引をすることができます。

取引時間の自由度が高いため、お忙しい方も自分のライフスタイルに合わせた運用が出来るでしょう。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...