FX

移動平均線とは?活用法を徹底解説します。

「移動平均線ってよく聞くけど移動平均線とは何?」
「移動平均線の活用方法を知りたい」

こちらの様な疑問をお持ちの方のために、こちらの記事では、移動平均線とは何かや、活用方法などについて解説します。

移動平均線とは?

移動平均線という言葉を、みなさん聞いたことがあるかもしれません。

移動平均線というのは、ある一定期間の価格から平均値を算出し、折れ線グラフで表したものになります。その日を含めた過去何日間(あるいは何週間)かの価格を毎日計算するため、平均値が移動していくことを通して、移動平均と言われています。

移動平均線は、代表的なテクニカルチャートの1つで、価格の傾向や流れであったり、相場の方向性を見るヒントとなります。現状の株価や為替等といった価格を示すローソク足と一緒にして、売買のベストタイミングを計るときに使用されます。しかしながら、過去何日間(あるいは何週間)の平均を取っているので、現実の上での価格の動きと比べて遅くなります。

また、移動平均線に関しては、MACDやボリンジャーバンドなど、その他のテクニカルチャートにも応用して活用されています。

特に短期的なFXの売買で利益をあげたい場合に、チャートを見て価格がどの水準にあるのかを確認することが大事で、価格の水準を間違うことなく知ることでこれから先の値動きを類推が可能となるからです。こちらの水準を知るためにチャート上では「移動平均線」というテクニカル指標が使用されます。

そして、移動平均線というのは、知名度が高くたくさんの投資家に実際に利用されているため、移動平均線を用いた売買ポイントの通りに株価が動く傾向が見られます。このため移動平均線を正しく理解することは勝つことができる投資家へのファーストステップだと言えるのです。

移動平均線の活用法

こちらは基本的な活用法ですので、しっかり覚えておきましょう!

基本的な活用法

移動平均線が上向きのケースでは上昇トレンド、横ばいなら方向感が一切無いもみあい局面、下向きなら下降レンドと見なします。そして、価格が移動平均線の上側にあったならば強い相場、下側にあったならば弱い相場と判断します。

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線は、2、3本を組み合わせて使用する傾向が高く、売買シグナルとしてかなり有名なものに、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

ゴールデンクロス

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることで、直近の価格傾向が上向きに変わったとみられるため買いサインに当たります。

デッドクロス

ゴールデンクロスとは反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜けることで、直近の価格傾向が下向きに転じたと見られるため、売りサインになります。。

移動平均線の意味について

移動平均線の意味も理解しておきましょう!

シンプルな計算式でチャート上に描きだされた移動平均線には、2つの意味があると言われております。

一つ目は、価格変動のトレンドを示す指標としての機能で、過去の終値の平均値を連続したデータである移動平均線というのは、価格変動から小さく上下に動いたブレを取り除いて、スムージングされた大きな相場のトレンドや勢いを表現したラインになります。短期的な価格変動に迷うことなく、相場の基調を把握するのに適したバロメーターであると言うことができます。

もう一つは、移動平均線を計算した期間におけるマーケットポジションの平均コストであるということです。そして、平均コストとは、その期間内に市場で売ったり買ったりされた価格の平均的な水準であるという意味合いです。

わかりやすく説明すると、その水準を超過して値段が上昇したり下降したりしましたら、取引中のポジションに発生している含み益が含み損に変わったり、利益と損失の逆転が起き得る水準と言えます。

移動平均線を表示したチャートを見ていると、移動平均線の付近で値動きがストップしたり、支持線や抵抗線の様に移動平均線の水準が機能し、直前の値動きから反発するような動きを確かめられるでしょう。移動平均線は、相場の動きに対してのマーケット参加者の行動に影響する材料ということも可能なのです。

移動平均線の期間設定

移動平均線は期間を自由に設定できるので、どの期間が良いのか分からない方も多いと思われます。必ず機能する期間設定はございませんが、たくさんの投資家から使われている期間をセッティングすることが重要です。

その理由は相場は投資家心理によって動くので、たくさんの投資家がよく使っている期間は機能しやすいと言えます。具体的に言えば、短期、中期、長期の期間設定は次に挙げる通りになります。

  • 短期移動平均線:5日、10日、14日、15日、20日、21日
  • 中期移動平均線:50日、60日、75日
  • 長期移動平均線:100日、200日

【まとめ】移動平均線を使いこなしましょう!

短期投資においては株価の短期的な上下を先読みして予測して売買することが基本で、移動平均線は、相場の流れや買われているか、売られているかを判断するためのテクニカル指標なのです。

こちらの記事でご紹介した知識は、一般的なものと応用的なものありますが、一通りおさえておくと実戦でも一役買ってくれる場面が出て来ることは間違いありません。また実際に投資の経験を積んでみると自分が投資する際に利益に直結する移動平均線のオリジナルの使用法も見つかると思われます。

移動平均線を活用して、投資で最大限の成果を出していきましょう。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...