FX

海外FXのゼロカットとは?メリット・デメリットについて解説します。

海外FXのゼロカットという言葉を初めて聞く方に向けて、こちらの記事では、ゼロカットシステムの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

ゼロカットというのは、相場の大きな変化などにおいて口座残高以上の損失が発生したケースで、損失額をブローカーが保証する制度です。国内FXの場合では、口座残高以上の損失がもたらされると、追証として損失額を支払うことが求められるため、ゼロカットは海外FXのメリットのひとつです。

ゼロカットシステムとは何?

ロスカットシステムを取り込んでいる海外FX業者がほとんどなので、安心です。

ほとんどすべての海外FXブローカーには追加証拠金制度がなくて、ゼロカットシステムと言われる制度が準備されています。国内FXにはない制度の為、ゼロカットシステムを全く知らないし、何だか不安になるであったり、見慣れない用語の為、気にかかる人も大勢いるかと思います。

ゼロカットシステムというのは、相場の急変などが見られた際、強制ロスカットが間に合うことがなく、口座残高をオーバーするマイナスが生じてしまった場合に、FX業者がマイナス分を負担してくれる制度で、海外FX業者には、こちらのロスカットシステムを取り込んでいるブローカーがほとんどで、海外FXの大きな特徴と言えます。では、こちらのゼロカットシステムのメリットを、分かりやすく解説します。

ゼロカットシステムのメリット

追証のリスクがないのは、大きなメリットですね!

国内FX業者ではない、海外FX業者だけの「ゼロカットシステム」のメリットについて説明していきます。

ゼロカットシステムはトレーダーにとってバラエティーに富んだメリットが存在します。

大きく分けて次に挙げる2つがあります。

  1. 追証のリスクがない
  2. ハイレバレッジの取引と相性が良い

この点だけでも大きなメリットですが、1つずつ具体例などを出しながらご案内していきます。

1.追証のリスクがない

ゼロカットシステムのこれ以上ないメリットは、追証のリスクがないことだと言えます。どうしてかと言うと、ゼロカットシステムがあったなら、損失が生じたとしても追証請求を受けることが求められないからです。

ひとつの例として、証拠金の10万円が突然の相場の変動により、ロスカットが間に合うことがなく損失が30万円になったとします。

こうした場合、追証がある国内FX業者では、証拠金の10万円と追証分の20万円と合わせて30万円の損失が確定してしまいます。

これに対して、追証なしのゼロカットシステムを取り入れている海外FX業者であるなら、証拠金の10万円が損失となるだけでOKなのです。

そういう理由で、口座残高がマイナス100万円や1,000万円になったケースであっても、ゼロカットシステムがあったなら追証請求をされることはないのです。

2.ハイレバレッジの取引と相性が良い

ハイレバレッジの取引と相性が良いのも、ゼロカットシステムのメリットであると言えるでしょう。

レバレッジ取引を行なうことで、取引に必要な証拠金は少なくて済むのは、ゼロカットシステムが取り入れられている場合、口座残高以上の損失を負うことが無いためです。

一つの例として、口座に10万円しか入っていないケースでは、どのくらいマイナスになったとしても10万円の損失しか生じません。

以上のように、損失の上限が決定されているため、リスクを気にせずにハイレバレッジ取引で取引を行なえます。

ゼロカットシステムのデメリット

ゼロカットシステムのメリットについて解説してきました。

国内FX業者は追証が見られるため、下手をすればは自己破産などのリスクがありますが、海外FX業者ではそこに至るまでのリスクは見られません。

これに伴って、こちらでは強いて言うのであれば発生するリスクを解説していきます。

  1. 業者が約束を破って追証をする可能性がある
  2. 口座を凍結されてしまう事が有り得る

1.業者が約束を破り追証をする可能性がある

これまでにはゼロカットシステムを採用していた海外FX業者が損失のカバーができないということから、トレーダーに追証をしたケースもあります。

ひとつの例として、スイスフランショックの時には、ある海外のFX業者は損益をカバーできないため、追証を払うよう公式ホームページでアナウンスしました。

こういった風に、当初の約束を破ってしまう業者もあるため気をつける必要があります。
また、同一の事が発生した時に、支払いを求めないのではありますが、資金割れで経営破綻してしまう業者も中にはあります。

こういった現状からゼロカットシステムを取り入れていても、約束を破る海外FX業者も見られるので、キッチリと業者は選定しないといけません。

2.口座を凍結されてしまう事が有り得る

ゼロカットシステムを使用した取引には、業者間両建てという手法が存在し、業者間両建てとは、大きく相場が動くときに、別の業者で両建てをして利益を得るというような手法です。

こちらの手法に関しては、FX業者側がリスクを負う手法に相当するので、業者や口座をまたいでの両建て取引は、禁止事項として扱われます。また、両建て取引がバレた時点で利益は帳消しになり、下手をすればは口座を凍結されるリスクもあります。そういう理由で、取引をする時はポジションが両建てになっていないかを、しっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...