FX

海外FXのスプレッドの意味と仕組みとは?計算方法とFX取引をする上で知っておくべき考え方まとめ。

「海外FXのスプレッドの意味と仕組みが知りたい」
「スプレッドの計算はどの様にする?」

などどお考えの方のためにこちらの記事では、海外FXのスプレッドの意味と仕組みやスプレッドの計算方法、FX取引をする上で知っておくべき考え方などについて解説します。

スプレッドというのは、FXで通貨を売買する時の用語で、FXでは同一の通貨ペアでも買う時の価格と、売る時の価格が相違があります。この値段差をスプレッドと言います。

スプレッドの意味と仕組みとは?

スプレッドの意味と仕組みについて理解しておきましょう。

FXだけに限らず、外貨を取引するときには、買う時と売る時の価格が別にして設定されています。

一例を挙げると海外旅行に行くために両替を行なって、帰国時に余ってしまった外貨を日本円に戻す場合等々も、同じ様に買値と売値が違い、FXでは、この値段差のことをスプレッドと言っているのです。

FXにおきましても、売買する度にスプレッドによる差額が生じますので、スプレッドはFXをする際の実質的なコストとなっています。スプレッドを象徴する場合、「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の価格差が小さいことを「狭い」、また価格差が大きいことを「広い」と言います。

スプレッドが狭い通貨ペアのほうが有利に取引出来るのですが、今からはその理由を計算方法と一緒に解説していきます。

海外FXのスプレッドの計算方法

1pipsがどれくらいなのかは、通貨ペアによってバラバラなのでご注意ください。

海外FXのスプレッドの表示単位は、大きく2つあり、1つは「銭」という単位です。日本円を含んだ通貨ペアで使用される傾向があります。1円=100銭の為、1銭は0.01円ということになります。

もう1つがpipsと言われている単位で、日本円を含まない通貨ペアのケースでのスプレッドはpips(ピップス)という単位で示されることがよくあります。1pipsがどれくらいなのかは、通貨ペアによってバラバラになってきます。

例:米ドル/円の場合、1pips=0.01円(1銭)

ユーロ/米ドルの場合、1pips=0.0001米ドル

となります。

スプレッドが1銭の場合は、100通貨の取引で1円のコストに、1万通貨の取引で100円のコストになります。

1銭というとわずかな額のように見受けられますが、FXでは1万通貨、10万通貨といった売買を行うケースもあるので、日頃の生活の金銭感覚とは違うことを覚えておいた方が良いです。

また、スプレッドはFX会社によってバラバラです。

原則固定と変動性スプレッドの違い

厳密にいえばスプレッドは常に変動していますが、スプレッドが変わってしまいますと、スプレッドの計算を毎回する必要も出てくるため混迷してしまうかもしれません。この理由によって、顧客を配慮し、FX会社によってはスプレッドを原則固定しています。

ひとつの例として、米ドル/円のスプレッドが0.3銭という記載があったケースでは、実際のところは0.3銭のスプレッドしか取りませんとの意味で、これを原則固定と呼んでいるのです。

そして、変動性スプレッドは、流動性が低い通貨にたくさんあります。

ひとつの例として米ドル/円などでは原則固定されているのに比べて、トルコリラ/円などでは変動性スプレッドになっているFX会社が大部分を占めます。

これは、トルコリラのボラリティーが高いためで、こういった風に、ボラリティが高い通貨はスプレッドが毎回異なっていますので気をつける必要があります。

原則スプレッドが固定でも、朝など流動性が低い時間帯に変動することもある

スプレッドが原則固定されていても、時間帯などに於いては変動性スプレッドに変化することもありますが、この原因は、時間帯によっては急激に通貨の取引量が落ちこみ、ボラリティーが高くなる時間があることが理由です。

これ以外にも、ある国の経済がもの凄い勢いで落ち込み、通貨そのものの安全性が懸念されてしまった時などにはどれだけ安くしても買い手がつかず、スプレッドが急激に広がることもあります。

FXの会社も原則固定にしているとは言いつつ、固定でのスプレッド維持のリスクが大きくなれば、変動性スプレッドに変更する可能性はありますので、原則固定であるからといって、いつでも固定のスプレッドのままだと安心をしないようにして下さい。

【まとめ】必ず平均スプレッドで比較しましょう

必ず平均スプレッドで比較することが大事です。

海外FXのスプレッドの意味と、仕組みやスプレッドの計算方法、FX取引をする上で知っておくべき考え方について解説しました。

海外FX口座のスプレッドを比較する際は、必ず平均スプレッドの値で比較してみるようにしてください。

これは、海外FX業者が公表しているスプレッドの種別はバラバラになっていて、会社によっては最小スプレッドの値を全面に押し出しているところも見受けられるのです。

しかしながら、最小ではなく、平均のスプレッドでなければ、いつもより平均的に掛かるコストを割り出すことが不可能なため、必ず平均スプレッドで比較してみるようにすると良いでしょう。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...