FX

一目均衡表とは?構成要素や利用方法を解説します。

一目均衡表とは何かと利用方法について解説します。

この記事を読むことで、下記のことが得られます。

  • 一目均衡表の特徴
  • 一目均衡表の利用方法
  • 三役好転などの意味

一目均衡表というのは、都新聞の商況部長として大活躍した細田悟一氏が、1936年に一目山人というペンネームで公に出したテクニカル指標で、外国人トレーダーからもIchimokuという名で好まれています。また、純国産のテクニカル指標として世界的な規模で利用されているのです。とても奥深いテクニカル指標で、日本でも精通している投資家は数名しかいないと言われています。そこで今回は基礎的なポイントをご案内させていただきます。

また、一目均衡表というのは、相場は売り手と買い手の均衡(パワーバランス)が崩れた方向へと動いて、方向性が確立した後、相場の行方は一目瞭然であるという考え方をベースにしています。わかりやすく言うと1度動き出して方向性が確認できればその流れは続くということなのです。そして相場のパワーバランスを見ながら、いつ頃相場が変化するのかや、いつ目標値が達成されるのかなど、いつという時間軸にプライオリティを置いて相場の動向を予想します。

一目均衡表の構成要素

一目均衡表の構成要素を押さえておきましょう!

一目均衡表は、ローソク足と5つの線で形作られます。

5つの線

基準線

過去26日間の「最高値」と「最安値」の中心値を結んだ線で、中期的な相場のトレンドを指し示します。

例:ドル・円相場の過去26日間の最高値が130円、最安値が110円だった場合、基準値は120円です。

転換線

過去9日間の「最高値」と「最安値」の中心値を結んだ線で、短期的な相場の方向性を指し示します。

先行スパン1

基準線と転換線の中心を、26日先に先行させて記入し、基準線は「過去26日間の中心」、転換線は「過去9日間の中心」ですが、先行スパン1は「それぞれの中心」です。

先行スパン2

過去52日間の「最高値」と「最安値」の中心を、26日先に先行させて記入し、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を雲と呼んでいます。

遅行スパン

当日の終値を26日前に記入し、前日比は当日の価格と前日の価格を対比したものではあるのですが、遅行線に関しては、「当日の価格と「26日前の価格を比較しています。

一目均衡表の利用方法

一目均衡表の利用方法がわからないという方は、こちらをチェックしましょう!

基準線と転換線の交差

一目均衡表におきまして転換線と基準線は、各々短期と長期の移動平均線的な役割となっていて、利用方法も同一で、転換線が基準線を上から下に抜けると売りで、下から上へ抜けると買いサインです。

先行スパンについて

2本の先行スパンで囲まれた範囲を先行スパンの雲」と言い、先行スパンの雲は抵抗帯として認識され、厚みが見られるほど強い抵抗と判別できます。

わかりやすく言うと、相場よりも上に雲があるケースだと上値抵抗のある下落相場、相場と比較して下に雲がある場合を下値支持のある上昇相場になります。

雲がねじれてクロスしたところを、先行スパンの変化日と呼びます。こちらは、相場の転換の目安になると言われていて、相場が変化日近辺を通過する時には気をつける必要がありますとなります。

遅行スパンについて

遅行スパンというのは、当日の終値を26日逆行させただけのシンプルなものではありますが、一目山人は重要度が最も高い線と言っており、相場の大きな転換を意味するとされています。また、遅行スパンが26日前の相場を上抜いた時は、上昇への転換で、下抜いた時は下降転換になります。

三役好転とは何?

上記で述べた三点、基準線と転換線、現在のローソク足と雲、遅行スパンと26日前の相場の3つの関係が、

転換線が基準線を上抜いたとき

ローソク足が雲を上抜いたとき

遅行スパンがローソク足を上抜いたとき

となっている場合を三役好転と言います。相場は強気相場になったと判断し、すべてが逆になった場合も一緒で、弱気相場を見定めるサインになります。

 

チャートで一目均衡表を表示させてみましょう

一目均衡表は、ちょっと見容易ではないように思えるかもしれませんが、ポイントだけ理解することができれば、案外と簡単に利用することができます。さしあたりチャート上でローソク足と一目均衡表といったテクニカルチャートを表示させてはどうでしょうか?

雲は厚いか、ローソク足は雲を挟んでどちらに位置しているのか、簡単な所から1個ずつ見ていきましょう。毎日見ている内に、理解が深まって、一目均衡表の素晴らしさに気づき、一目均衡表がなぜ世界的に人気であるのかがわかるかもしません。

まとめ

一目均衡表はプロの方も使用しているインジケーターです。

一目均衡表とその他のテクニカル分析との大きな相違点に関しては、バラエティーに富んだテクニカル分析が価格の変化であったり、相場のトレンドを重要視して時間を二次的なものとして扱っているというのに対して、一目均衡表は時間を主体として値段を二次的なものとして取り扱いしているところです。

わかりやすく言うと、いくらになるかを分析するよりいつを分析することをターゲットにしたテクニカル指標といえます。また、一目均衡表は買い方と売り方のバランスが崩れた方向に、相場が動くとする考えをベースにしています。

買いと売りのバランスが崩れた際の大きな動きをすぐに把握することを目的に作られたとされ、日本人だけではなく海外の投資家にも人気を集めているテクニカル分析です。

一目均衡表は、たくさんの人に使用されていることもありまして、一目均衡表の各線それぞれがレジスタンス・サポートラインとして機能する効果を発揮してくれます。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...