FX

ボリンジャーバンドとは?ボリンジャーバンドの確率を高めるコツとは?

「ボリンジャーバンドの特徴や標準偏差について詳しく知りたい」

こちらの記事では、下記のことがわかります。

  • ボリンジャーバンドの特徴
  • ボリンジャーバンドの標準偏差について
  • ボリンジャーバンドの確率を高めるコツ

ボリンジャーバンドとは何?

ボリンジャーバンドは有名ですよね。

ボリンジャーバンドとは、アメリカの投資家のジョン・ボリンジャーが開発したテクニカルチャートの1つで、移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差からなる線の合計すると5本の線で示されます。

ボリンジャーバンドは統計学を使って構成されていて、分かりやすく言えば、高確率で+2σ(標準偏差)と-2σのラインの間で価格は動くはずだという予測をベースとして将来の価格の動きを予測するために使用します。ちなみに、統計学上+2σと-2σの間に収まる確率に関しては95.45%と言われています。

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドだけを使って、トレンドに乗ることもできます!

FXの様に、常に変動している価格が、ある期間にどれくらいだったかを把握したい場合、通常はその期間の平均値を算出して価格の目安としますが、平均値だけでその期間の価格を判断してしまいますと、その期間中に価格が適正水準にあって安定的に遷移していたのか、それとも、適正水準が定まらずに大きく上下動したのかはわかりません。

価格が大きく動いている相場においては、次に付ける値段も直前の値段から大きく離れて決まるケースがありますので、平均値を基準に大きく変動する値幅分をプラスし、その次になる値段の予想範囲を想定します。

値動きが、一定範囲内の狭い幅で収まっている相場では、次に付ける値段も同一の価格水準に残留する可能性が高いと考えられますので、平均値をメインとして狭い変動範囲を予想します。

ボリンジャーバンドがチャート上に描き出すボラティリティー(相場の振れ幅)というのは、こちらの過去の値動きから予測される、次の価格変動幅のことです。

ボラティリティーを求めるのに、ボリンジャーバンドでは標準偏差を利用することから始めのうちはハードルが高いと感じるかも知れませんが、チャート上に値動きと合わせて表示して、ボラティリティの変動と値動きとをビジュアルで見て取れるため、ボリンジャーバンドはFX投資家にも大人気テクニカルチャートになります。

ボリンジャーバンドを描く標準偏差について

標準偏差の算出式はスキップしますが、標準偏差というのは、一定期間の終値などいくつものデータから平均値を計算した場合に、基になったいくつかのデータにどの位相違があるか、散らばり具合を表す数値になります。標準偏差の単位に関しては、σ(シグマ)が用いられるため、ボリンジャーバンドで描き出されるラインを指し示して1σ(1シグマ)などと呼称することもあります。

1σ(シグマ=標準偏差)の値に関しては、基データの散らばり具合が、平均値をメインとしてプラスマイナスへ均等に点在する正規分布であるケースでは、平均値のプラスマイナス1σの範囲内におおよそ68%の基データが収まることを意味します。

平均値をメインとしてちょっとずつ範囲を広げていって、基データのおおよそ68%が収まる範囲のプラス側、マイナス側いずれか片側の平均値からの距離と言っても良いと思います。

そして、標準偏差は、基のデータが大きく散らばっていましたら、値が大きくなります。逆に基のデータの散らばりが狭い範囲に限定されていた場合、値は小さくなります。

平均値をメインとして標準偏差を2倍したプラスマイナス2σの範囲においては、基データの約95%が収まります。標準偏差を3倍した3σの範囲は、基データのおおよそ99%が収まる範囲となるのです。

また、ボリンジャーバンドは通常、

  • アッパーバンド2(+2σのライン)
  • アッパーバンド1(+1σのライン)
  • ミッドバンド(移動平均線)
  • ロワーバンド1(-1σのライン)
  • ロワーバンド2(-2σのライン)

の5本のラインを価格チャート上に描かれますが、ミッドバンドの移動平均線には、一般的に20SMAから25SMA(単純移動平均線)が用いられます。

  • アッパーバンド2=ミッドバンド+2σ
  • アッパーバンド1=ミッドバンド+σ
  • ロワーバンド1=ミッドバンド−σ
  • ロワーバンド2=ミッドバンド−2σ

になります。

まとめ ボリンジャーバンドの確率を高めるコツ

是非ボリンジャーバンドも使ってみてください!

ボリンジャーバンドは、単体でも有効性の高い指標ですが、MACDと組み合わせることにより、逆張りの際の底打ちの判断がより明らかになります。

そして、ボリンジャーバンドの下限まで株価が下がった後に、MACDの傾きで下げ止まりの判断を行なうとその先の上昇する確率がアップします。

そして、価格が-2σ付近の底値から、そのまま下落し続けてしまうというだましの動きを、MACDと組み合わせる事である程度回避することができます。

また価格がボリンジャーバンドの-2σ付近まで下落し、その後MACDが下向きから上向きに変わると買いポイント、価格が+2σに到達するか、あるいはMACDがデットクロスしたら売りポイントと判別します。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...