FX

ピボットポイントが注目されている理由とは何?

FXを実践していると、ピボットというフレーズを聞いたことがありませんか?聞いたことはあるけれどよくわからないというような人も多いでしょう。

しかしながら、ピボットを知らないままなおざりにするのはもったいないです。ピボットというのは、FXトレードでの典型的な指標で、多くのFXトレーダーが役立たせています。

こちらの記事ではピボットの基礎知識をわかりやすく説明し、ピボットの具体的な活用方法についてもご紹介します。

ピボットポイントとは?

ピボットポイントは、マーケットにおいてのテクニカル分析でのキーポイントとなるレベルを示すインディケーターとして取り扱われます。

その他の方法で引いたサポートラインであったりレジスタンスライン、またフィボナッチ分析等と組み合わせて活用することでより効果の高いツールとなることが考えられます。

ピボットポイントは、前日高値、前日安値、前日終値から基本のピボットという値のラインを計算し、それを活用してさらにピボットの上方と下方それぞれ3つ、トータルで6つのラインをセッティングするものです。

ピボットの上方の3本のレベルに関しては、レジスタンスライン(上値抵抗線)のRから、「R1、R2、R3」となり、R1が最も上方に位置して、ピボットから最も遠くなります。

また、ピボットの下方の3本のレベルは、サポートライン(下値支持線)のSから、「S1、S2、S3」となります。Sのケースではピボットに近いものがS1で、最も遠く下方に位置するのがS3になります。

原則として、現在値がピボットラインより上の場合は上昇サインで、逆にピボットラインを下回っている場合には下降サインと判断します。

それを考慮して、Rラインは値上がりの、またSラインは値下がりのターゲットとして仮定していきます。RやSといったネーミングは取りあえずのもので、それぞれのラインを突破されることにより、サポートとレジスタンスの双方の目安となります。

例:価格がR3を目標に上昇後、R3を超えると次にR2を目指していくとともに、突破されたR3はサポートの目安となります。

こういった風に各々のラインでは、通常のサポート、レジスタンスラインと同様で、もみ合い、反転、突破の3パターンが発生する可能性があるので、指値、逆指値の注文、ポジション反転のためのドテン注文をするなど、読み方によって活用の仕方は色々です。その他のインディケーターやテクニカル分析などを一緒にして、複合的に見るのが賢明でしょう。

ピボットポイントが注目されている理由とは?

市場参加者が、注目しているポイントがわかります。

ピボットポイントは、数ある分析ツールの中におきましても、多くのマーケット参加者に注目されています。現実の上でマーケットを見ていると、ピボットの6本のライン付近で売買機会が見られることがうかがえます。もちろんピボット以外のところで動くこともたくさんあります。

マーケットの参加者がピボットポイントを知らんしている要因は、恣意性というものがある程度排除されていることにあり、通常インディケーターや分析ツールは、入力するパラメータや、取る範囲により、形も分析結果も異なってくることにより、マーケット参加者が目安として見ているポイントがいくつも存在することになります。

しかしながら、ピボットポイントの場合、すでに決定している前日の高値、安値、終値をベースとしてしているため、ピボットポイントを使用している参加者に関しましては、ほとんど一緒のポイントを目安として見ることになります。

この理由により、何かが生じうるポイントとしてライン付近に売買であったりその準備が寄り集まる可能性がわりと高まるのです。

もちろんのことですが、業者ごとで価格が異なることもあり、またマーケットの状況によってピボットの各ラインを気に留めないほど勢いが強いことだってありますので、いろいろな見方で冷静さを保って取引する必要は見られますが、いずれにしましてもサポートとレジスタンスの目安、さらにマーケットの暗黙の同意を測る上で、ピボットポイントは見て損はないオススメの分析手法と言えるでしょう。

FXでピボットを使うメリット

FXでピボットを使うメリットについて理解しておきましょう!

ピボットは、計算方法が全世界共通でギャップがないことが特徴ですが、ボリンジャーバンドやRSIは、期間の設定値によって結果が変化してしまいます。

移動平均線の場合は、数値設定だけじゃなく時間足によっても見え方がバラバラになってきます。こういった指標はトレーダーによって、その効き方が違ってしまう傾向にあるのが難点です。

ピボットは数値設定が必要ないことから、ビギナーからプロの専業トレーダーまでみなさんが同じラインを意識していることに特徴が存在します。

かなりのトレーダーが活用中の指標だからこそ、ピボットのライン周辺で注文が盛んになっているため、相場の指標として有効であり、テクニカル分析に活かし易いと言えるでしょう。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...