FX

スマホアプリ版「MT4」の特徴、見方、使い方まとめ。

スマホアプリ版MT4の特徴や見方、使い方を知りたいというスマホアプリ版MT4を使用するのが初めての方に、こちらの記事ではスマホアプリ版MT4の特徴や見方、使い方をご紹介します。

世界中で利用されているMT4(メタトレーダー4)のスマホアプリのMT4スマホアプリは、iPhoneとAndroidだけに限らず、iPadなどのタブレット端末にも対応していて、MT4はパソコン版も高性能を誇っているわけですが、スマホアプリ版も高機能でイチオシです。

スピーディに操作できる発注機能もあって、30種類のバラエティーに富んだインジケーターを標準で装備し、描画機能は携帯端末であるというのに24種類も搭載しています。さらに、チャートの背景色の変更、インジケーターのパラメーターの細かなセッティングもできてカスタマイズ性能も高いのが特徴です。

そして、描画ラインが別の時間足のチャートにも反映されるのがありがたいポイントで、外出先で取引する際や、チャートの分析にかなり役立ちます。

iOS版アプリのインストール方法

私はiOS端末で使用しています。

インストールするには、お使いのiOS端末の「App Store」アプリから「mt4」を検索して、「MetaTrader4」を選択し、「入手」をタップしてインストールします。

スマホアプリ版「MT4」の特徴

MT4スマホアプリへログインする

各社で口座を開設し、MetaTrader 4アプリを起動します。

設定画面より「新規口座」を開き「既存のアカウントにログイン」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検索欄に「XMTrading」と入力し口座開設時のサーバーを選択します。ログイン情報を入力しサインインします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルタイムに働くチャートを見ながら発注

パソコン版と同様にセッティングされている気配値のウィンドウから、希望の通貨ペアをタップしましたら、「トレード」・「チャート」・「詳細」の3項目が表示されます。「トレード」を選ぶと注文画面へ移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルタイムに移り変わるレートとチャートを見ながら発注が行なえます(画像は休場時のためチャートは動いてません)。

  • 成行注文=現在価格で注文すること
  • Buy Limit=買い指値(現在価格よりも安い値段を指定して買い注文を入れること)
  • Sell Limit=売り指値(現在価格よりも高い値段を指定して売り注文を入れること)
  • Buy Stop=買い逆指値(現在価格よりも高い値段を指定して買い注文を入れること)
  • Sell Stop=売り逆指値(現在価格よりも安い値段を指定して売り注文を入れること)

のいずれかの発注方法をセレクトし、数値を入力します。サクサク動くので、快適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30種類のインディケーターを搭載

バラエティーに富んだ分析機能の搭載はスマホ版でも発揮されます。30種類のバラエティーに富んだインディケーターを標準装備しており、それぞれ細かくパラメーターと、ラインのピクセル、色などカスタマイズもできます。

インディケーターの名称は英語表記ではありますが、分かりやすい名前ですので特に困ることはないかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多機能となっていますが、取り扱いが簡単で難しい操作もなしでありがたいですね。なお、背景色やローソク足等々のカラーは設定で変更できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好みの色を選択できます。

MT4アプリの見方と使い方

MT4アプリの見方と使い方を押さえておきましょう!

まずは基本的なMT4のスマホ版アプリの使い方から説明します。

気配値と通貨ペア

MT4のスマホ版アプリにおいては、最初に9つの通貨ペアの情報がディスプレイされるようになっています。

まずはその画面から見てみましょう。アプリの一番左下にある「気配値」をタップすると、画面が切り替わります。

左から通貨ペア・売値・買値となっていて、売値と買値の下には、その日の安値と高値が表示されます。

通貨ペアに関しては、自由に追加したり削除したり出来ます。気配値画面の右上の「+」マークをタップするとシンボル追加画面となります。FXの場合「Forex1~3」から選択します。ここではドル円を追加してみましょう。ドル円はForex3に入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった風に候補が並んでいるので、必要なものをセレクトしたら通貨ペアを追加できます。もう一度気配値の画面に戻って、ここで通貨ペアをどれか選ぶと、トレード画面とチャート画面に移っていきます。また、選択した通貨ペアの詳細など情報をチェックすることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャートの設定方法

チャート画面は次に挙げるようになります。

こちらでは、チャートの時間軸を変えることが可能です。1時間足の場合、H1と表示されます。

こちらのH1の部分をタップすると、「M1」から「MN」まで9種類の時間軸(分足から月足まで)が選択することができます。

試しにM1をタップしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんチャートは止まることなく動いているので、ローソク足もどんどん描画されていきます。こちらの画面からも注文を出すことが出来ます。

なお、下にある時間は日本時間ではなくて、サーバーが置かれている場所の時間になります。

決済方法

チャート画面で「トレード」をタップすると、残高・クレジット・有効証拠金・証拠金・余剰証拠金・証拠金維持率(%)・ポジション・オーダーが表示されます。

保有しているポジションの決済したい通貨ペアを長押しタップします。「クローズ」・「注文変更」・「トレード」・「チャート」と表示されるので「クローズ」をタップします(このタップでは決済されません)。

クローズ画面に移りClose with Profit(決済したときの損益額)を確認しながらタップして決済ができます。

まとめ

MT4のスマホ版アプリは、小さな画面にもかかわらずバラエティーに富んだ機能を搭載しています。

そして、FXトレードはスキャルピングやスイングトレードなど、どのような手法でもチャートの分析は必要不可欠ですので、こちらは大いに役立つのではないかと思います。

豊富なボーナスが魅力の海外FX業者XM

XMは私が最もおすすめする海外口座で私も使ってる海外口座です。日本で一番利用されている海外口座でもあります。

>>XMの口座を今すぐ開設する!

>>XMの口座開設を徹底解説!

このブログからXMで口座開設された方限定に私が実際に使用している自作EAを無料配布しています。

あわせて読みたい
自作トラリピEA「Trahalf」を無料で配布します! 今回、トラリピのデメリットでもあった含み損を減少させ、より安全運用ができるTrahalf(トラリピEA)をリリースしました。 ...
あわせて読みたい
自作EA「GBPAUD_EA_LIMITED」を無料で配布します!EAとは何? EAのメリット・デメリットまとめ。 EAとは何? EAという言葉をみなさん聞いたことがありますでしょうか?こちらのページの最下部に、私が作成した自作EA無料プレゼント...